Menu

 私が通うテニス教室
点線画像

私が56歳から通いだしたソフトテニス教室は高齢者が多い。現在、80歳代が4名、70代が4名、そして60代が3名で私が最も若い。と言っても男性は3人だけでやはり女性の方が元気ということか。
男性会員の最年長は75歳になるが、おそらく多くの人が彼の練習を見てびっくりしてしまうだろう。ボレーの練習では、華麗なサイドステップからフォアボレーのポーチをして、すぐに折り返してサイドステップでバックボレーを行う。この動作を連続して10回行うのである。ボレーをしながら反復横跳びをすると言えば伝わるだろうか? 私の長男は中学校の部活動でソフトテニスを教えているが、K-sanのボレー練習を見ていて75歳だと教えてあげると驚いていた。
女性陣も昔取った杵柄で、さすがにサイドステップはできないないが、かなり速いボールに対してもきれいにボレーを決め、その打音がまた素晴らしいのである。
テニス教室のコーチは中学校の部活動でもソフトテニスを教えていて、ときどき、教え子の中学生が練習しに来る。高齢者と孫に近い年齢の中学生が一緒に練習している景色を想像して欲しい。とても和やかな雰囲気になる。
この教室は毎週土曜日の9時から12時まで行っている。私は比較的体が動くので真面目にやるとけっこう汗をかくし、疲れる。といっても、疲れがどっと出るのは翌週の火、水曜日あたりでその時間間隔は年齢とともに徐々に伸びている。
 昨年11月末のテニス教室の最終日に、コーチがまた来年3月に集まって元気にテニスをしましょうと言った。この時、S-sanは来年は来られるかどうかわからないと言っていた。帰りがけに話を聞くと、S-sanは60歳になったときにもう運動はできないのではと思ったが、たまたまこのテニス教室に入った。何とそれから25年もテニスを続けられた。こんなに長くテニスを続けられるとは思ってもみなかった。しかし、最近は動けないし、テニスコートに来るのに自転車の運転も危なくなったと言っていた。また、80代のM-sanは、膝を傷めて病院に通い半年ほどテニス教室を休んでいたが、最近復帰されて元気にボールを打っている。家に居ると暇でやることがないと言う。S-sanもM-sanも無理をせずできる範囲でテニスを続けて楽しんでほしいと思った。
まさにソフトテニスは生涯スポーツである。

南房総でテニスを楽しむ
 南房総でテニスを楽しむ
素晴らしい上越市のテニスコート
 素晴らしい上越市のテニスコート

Blog 最近の投稿


分野別(過去の投稿)

 自作の志野 年度別


 旅行


 美術工芸、その他


 やきもの